しっかり毛穴掃除してますか?実はその洗顔、NGです

shutterstock_291998165年齢、性別問わず「毛穴」が気になるという方は多くいらっしゃいます。
毛穴掃除アイテムもドラッグストアなどで見かけることもまた多くなってきています。
その方法はさまざまありますが、第一に「洗顔」を思い浮かべられるのではないでしょうか。
しかし、もしかしたら毛穴掃除のためにと気にかけている洗顔方法が間違っているかもしれないのです。

洗いすぎていませんか

肌のためにと毎日、しかも数回「しっかり」洗顔をしているという方はいらっしゃらないでしょうか。
気になるほどに洗顔をしすぎてしまうという意識も持ちやすく、特に毛穴の黒ずみを解消したいとなると、しっかりした洗顔というイメージをお持ちのことと思います。
洗顔をするということは、お肌の健康状態をキープするためにも大切なことではあるのですが、しっかり「しすぎてしまう」ことは逆効果ともなりかねないのです。

なぜ洗いすぎたらいけないのか

しっかり洗顔をすることが逆効果につながってしまう理由について触れておきましょう。
第一には「肌が乾燥をする」ということです。
洗いすぎてしまうことによって、肌にとって必要な皮脂や水分を奪ってしまう可能性が高いのです。
これが直接的なお肌の乾燥につながってしまうわけです。
肌を綺麗にするよう心がけているものの乾燥もひどいという方は、もしかしたらしっかり洗いすぎているということが原因かもしれないのです。

乾燥から生まれる弊害

また、乾燥を招くことによって肌にとってさまざまな「弊害」が生まれてしまうのです。
まずは「角質」の問題です。乾燥のことならスリムプロジェクト サプリにお任せ!

洗顔をすれば角質も取れるというイメージがあるかもしれません。
しかし、先に触れたように皮脂や水分が抜けてしまうと人間の機能として「水分を蓄えよう」「肌を守ろう」とするものなのです。

それが角質となってしまうわけです。
角質がたまってしまうと、肌全体がごわごわとした感覚になったり、くすんでしまう原因ともなりかねないのです。

洗顔を使わない洗顔方法について

一時期、話題ともなった「洗顔料を使わない洗顔方法」ならどうなのでしょうか。
確かに、石鹸成分を使いませんから負担がかかりにくいような感覚はあるかもしれません。
洗顔料による肌かぶれなどは防ぐこともできるでしょう。
とはいえ「毛穴掃除」という点について考えるとこれもまたお勧めできない方法でもあるのです。

汚れは落とす必要がある

肌にとって大切な皮脂はあるものの、綺麗に洗い流すべき皮脂というものもあります。
放置しておくことで、にきびができやすくなったり角栓の要因ともなりかねないのです。
また、肌荒れを引き起こしてしまうという方もいらっしゃいます。

水もしくはお湯だけの洗顔方法では、汚れを落とすことは難しいといえるでしょう。

洗顔において大切なこととは

しっかり洗いすぎてもいけない・お水やお湯だけの洗顔もよくない。
となると、どのような洗顔方法が良いのでしょうか。
答えからいえば「正しい洗顔方法を知ること」です。

正しい方法を知ることによって、肌の健康をキープすることもできますし、毛穴掃除という部分においても解消していただけるかと思います。

正しい前がん方法を身につけることで、毛穴の黒ずみも改善することができるのです。

基礎化粧品も大切だけれど洗顔も大切

今では基礎化粧品類においても毛穴解消につなげられるものなどが販売されています。
ピーリングなどもその1つかもしれません。

もちろん、このような製品を取り入れて改善につとめていただくのも良いことなのですが、毎日のケアとして行っていただきたいのはやはり「洗顔」なのです。

洗顔を見直すこと・正しく洗顔をすることによって、基礎化粧品そのものの効果を十分に感じ引き上げることもまた可能かと思います。
改めて洗顔について考えてみることは大切ともいえるのではないでしょうか。

ポイントは丁寧に優しく

洗顔のポイントですが、丁寧に優しくということでしょう。
肌負担をかけないように汚れを落とすことが重要となるのです。

洗顔でただごしごしと洗うのではなく、予備洗顔でしっかりと毛穴を開かせておくこともまた肌負担を軽くして汚れを取り除き、快適な状態へと導くことができるのです。

さらには、洗顔だけでは満足できないという場合にはプラスアルファとしてのケアグッズを取り入れていくと良いでしょう。
また、洗顔の後には保湿をしっかりと行うことなど「洗顔の前後」についても気にかけていただくことによって肌を毛穴の悩みを解消しやすくなるかと思います。

毎日のことだから考えたい

今回は、正しい洗顔と毛穴掃除という部分に焦点をあてて考えていきました。
毎日の日課ともなる洗顔のこと。
だからこそ、おざなりになりがちなステップでもあるのです。
改めてこの洗顔について考えてみることによって肌そのものが見違える可能性も高いかと思いますので自らの洗顔について振り返ってみてはいかがでしょうか。